こんばんは。
ヒーリングアクセサリー&天然石 虹のかけ橋のYuriです。

今日は先日畑に植えたトマトの苗の周りにビッシリと生えた雑草の刈り取りをしていました。

途中、突然のスコールに見舞われましたが、庭の雑草達もここ数日の暖かさのせいで急に元気よく成長しだしてきたところです。

今の季節は庭仕事や大工仕事をするにはちょうど良い気温なので、蚊と格闘をしながら今のうちにせっせとお店作りや庭の手入れに励んでます


さて、本日は新しくアップしたアクセサリーを2点ご紹介いたします。


ブルームーンストーン&タンザナイト&18金ビーズ 天然石マクラメペンダントネックレス
MN-083-1

MN-083-5

MN-083-11

滑らかでしっとりとした光沢を帯びたシラーが全面に浮き出たブルームーンストーンをメインに使ったマクラメ編みペンダントです。

左側にはまるで空にかかった虹を思わせるようなレインボーのシラーも確認出来ます。

エネルギーを媒介・活性する役割を担っている18金製ビーズはトップ部分と首紐のエンド部分の二ヵ所に使用しており、小粒ながら美しいキャッツアイ効果の出たブルーパープルのタンザナイトがアクセントになっています。

首ヒモの長さ調節部分には丈夫で肌触りのよい黒檀製のビーズを使用してますので、着ける長さはお好みに合わせて調節して頂けます。

写真では写しきれなかったのですが、実際にはもう少し綺麗なレインボーです


宝石質アメジスト&宝石質ムーンストーン&ルビー&14KGF 天然石ブレスレット
BW-117-8

BW-117-4

BW-117-11

メインに使用したアメジストはスモーキークオーツとアメジストがミックスしたもので、ほんのりグラデーションになっており、内傷などもなく、素晴らしい透明感と輝きです。

スリランカ産ムーンストーンの淡く繊細なシラーと、鮮明な発色をしたルビーも、メインに合うよう上質のものを使用しております。

どのような装いにもさりげなく上質な輝きを添えてくれるジュエリー品質のブレスレットですので、年齢問わず幅広いシーンでご着用頂けると思います。

こちらで使用しているアメジストはいわゆるパワーストーンの市場ではあまり見かけないぐらいハイクオリティのものです。

一般的なアメジストとは、もはや同じ石とは思えないぐらいですので、アメジストがお好きな方ぜひお早めにどうぞ


各作品の詳細&ご購入はこちらからどうぞ

WEBショップ案内バナー
ヒーリングアクセサリー&天然石|虹のかけ橋|




今日の旅の思い出は、アメジストが採れる国の一つでもある『南アフリカ』です。

IMG_4809

南アフリカの西南部にあるケープタウン。

ここは白人と黒人の文化が混在した街。

IMG_5076

この街のもうひとつのシンボルともいえるのが「テーブルマウンテン」

その名の通り机のような平らな頂きをしたこの山は、街の何処にいても視界に割り込んでくる。

IMG_4823

IMG_4855

その机の上では、まるで綿アメのような分かりやすい雲と一緒に、眼下に広がるケープタウンの街並と、目の前には大西洋とインド洋が交わるという広大なパノラマを望むことが出来た。

IMG_4925

喜望峰に向かう途中、「ボルダーズビーチ」にて可愛いペンギン達と記念撮影。

近づいてきた一匹に手を伸ばすと、猛烈な勢いでくちばしでつつかれた。

可愛い外見に似合わず意外とコワイ。。。

IMG_4967

ケープタウンから電車に乗り、サーフィンで有名なポイントにショートトリップに出掛けてみた。

ここはサーフィンの国際大会が開かれるほど有名な場所らしく、3泊かけて主人の念願だった南アフリカでのサーフィンを満喫。

IMG_5092

IMG_5135

IMG_5123


ここ南アフリカはエチオピアから始めたアフリカ大陸縦断の旅のゴールでもあった。

治安の悪さに悩ませられた折に触れた真に純粋な人の姿。

手つかずの自然とそこに生きる野生動物達。

“厳しいけど優しい” そんな印象のアフリカ縦断の旅でした。



ランキングに参加してます
どうぞ下のバナーをポチっと一押し
よろしくお願いします

にほんブログ村 ファッションブログ パワーストーンへ

ありがとうございました